空きスペースをレンタルスペースとして貸し出す方法について紹介しているサイト

>

空き家問題の深化と新たな活用方法

民泊などの宿泊施設として貸し出す

今や観光地など至るところに存在する民泊ですが、これこそ空きスペースの有効な活用方法の1つです。
利用は海外からの観光客をターゲットにしたものだけではなく国内旅行者への貸し出しを目的にしている場合もあります。
ホテルや旅館などと比べてサービスが無い分比較的安価で宿泊できること、トイレやお風呂といった最低限の施設を備えていることなどから1部の人には人気があります。

どんな人が利用するか分からないという点で抵抗を感じる人も少なくありませんが、物件の所在地が観光地やそこから近いなどの場合には利用希望者も見込めるため、副収入を考えるなら検討するのも有りでしょう。
貸し出し側と利用者間で直接やり取りすることなく中間業者に入ってもらうことも可能なので、調べてみましょう。

宿泊施設として貸し出す注意点

一期一会で全く知らない人に多少なりとも愛着のある物件を提供するのはそこそこの抵抗があるのは普通でしょう。
宿泊施設として貸し出せば、需要によっては一定の収入が見込めるものの、いくつか注意しばければならない点もあります。

宿泊施設として貸し出す場合、最低限の必要設備があり、それを備えていない場合は宿泊施設としての貸し出しができないことがあります。
そしてなにより全く知らない、文化も習慣も違う人を泊めるということは万が一のリスクについてもある程度了承する必要性があります。
中間業者を介していれば何かあった際に一定の補償をしてもらえることもありますが、紛失や盗難、汚損破損などを完璧に防ぐ上では利用者のモラルに頼る部分であるという認識を持っておく必要があるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る